山口市|補聴器|山口県補聴器センター|【ホームページ】

 

よくあるご質問

 

難聴について

難聴について
 
最近聴き難くなってきたのですが難聴なのでしょうか?
難聴と診断するのは耳鼻科医です。
年齢的に聴力低下が顕著になることが一般的ですが、難聴の原因が不明だったり、聴力が急に低下するようなことがあれば、まず耳鼻咽喉科で診察を受けることをおすすめします。
生活に不自由を感じたり、ご家族から指摘を受けるようであれば早めに検査を受けられることをおすすめします。
 
デシベル(dB)ってどのような意味ですか?
音の大きさや聴力を表す単位で、聴力レベルは○○dBHLとして用います。
難聴の程度を表す『聴力レベル』は最小可聴域値(さいしょうかちょういきち)ともいい、その人がやっと聞き取 れるもっとも小さな音のことです。0dBとは健常な人がやっと聞きとれる値です。聴力レベル50dBの人は50dBの音をあたえられて、はじめて聞きとれ るということになり、数字が大きくなればなるほど聴力が悪いということになります。
25dBを超えてくると「軽度難聴」に分類され、50dB以上では「中等度難聴」になります。70dBを超えると「高度難聴」、90dB以上は「重度難聴」に分類されます。
 
聴力の検査はいつ行えばいいですか?
聴きにくなった時は早めに耳鼻咽喉科で検査を受けましょう。
人によって違いがありますが、30才代から年齢とともに徐々に聴力は低下していきます。これは、誰にも起こる生理的な現象です。気持ちの上では若くて健康なつもりでいても、難聴も老眼のように、少しづつ進むものなのです。
職場の定期健診や人間ドックに入って健康状態をチェックし、健康を保つことは、誰しも関心のあるところです。 そのおりには、ぜひ聴力検査の結果にも注意をして、聴力の低下のきざしや、日ごろの聞き間違いなど思いあたることがあったときは、より精密な検査をお受け になることをお勧めします。
また、補聴器を使っている方はもちろん、使っていない人も、ある程度の年齢になったら「年に一度は耳を診てもらい、聴力検査を受ける」ことをお勧めします。
難聴に気付くのは、早ければ早いほどよいといわれています。騒音公害や、その他の要因で、知らず知らずのうちに、聴力が低下することもあるといわれています。
qrcode.png
http://yhc1133.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<有限会社山口県補聴器センター>> 〒753-0048 山口県山口市駅通り2-1-18 TEL:083-928-1155 FAX:083-928-1133